季節ごとの美肌ケア法 

季節ごとの美肌ケア法 

季節に関係なく美しい肌を保つためには、気候の変化に応じた肌の手入れが欠かせません。

春は、乾燥が気になる季節なので、保湿力を高める手入れが必要です。また、数多くの人が困っている、スギ花粉で起きるアレルギー症状対策も大切です。花粉症は、鼻や目の周りも肌荒れを引き起こしますので、ここの肌のお手入れも丁寧に行う必要があります。

夏季は、強い紫外線対策と皮脂に関わる対策を行う必要があります。外は暑く室内は冷房で温度が低いので、それに肌を慣れさせるのは難しいものです。

特に、夏場は、汗をたくさんかくので、他の季節よりも洗顔をする回数が増えてしまうおそれがあります。かといって、頻繁に顔を洗うと、肌の保湿力が低下して、皮脂が次から次へと出てくるようになります。夏こそ乾燥対策が必要なのです。

秋は、肌が最もきれいになる季節とされています。かさつき予防や肌の水分量を増やすような手入れはそれほど重要視しなくていいでしょう。

しかし、夏の間に負担がかかった肌の健康状態を元に戻すケアをしっかり行いましょう。ニキビや吹き出物などのトラブル解消には、申し分のない季節でしょう。

冬は、スキンケアが特に必要です。家の中や外も関係なく乾燥しないようにするのは大変です。加湿器を利用したとしても、肌はカサついてしまうため、保湿を中心としたお手入れをしましょう。そして、雪がある所では、紫外線を防ぐことも合わせて行わなければなりません。

このように、季節に合ったスキンケアをしないと、美肌を得ることができません。季節の影響を受ける肌をよく見ながら、的確なお手入れ方法を探し出すことが重要となります。





 

サイトマップ