勧誘のしつこいエステサロンの断り方

勧誘のしつこいエステサロンの断り方

エステサロンの体験コースや街で声を掛けられてついつい利用してしまい、その後、相手のペースに乗せられて、意に反して契約をしたり商品を購入したりして、後になって後悔するというケースが多く発生しております。

こうしたトラブルに巻き込まれないためにも、しつこい勧誘の断り方や対処法は知っておいて損はありません。

まず最初に、「今までエステを受けたことはありますか?」「仕事をしていますか?」などと、ありきたりの質問をされる事がありますが、
この時、不用意に「ハイ」と答えてしまうと、これを糸口として次から次へと話が進んで、いつのまにか相手のペースにはまってしまい、契約に持っていかれてしまいます。

無料体験で、変化が1回で感じられない場合は、例え通ったとしても、余り効果が期待できないエステサロンと考えても良いでしょう。また、
多くの人に効果があっても、自分には効果がないという事もあり得ますので、変化が見られないのであれば、次を探した方が賢明です。

一番効果的な断り方は、「お金がない」ですが、そうすると、相手は「ローンを組むことができますよ」と来るので、その場合は、例えば、結婚して夫が金銭管理しているため、それは出来ないと明確に伝えましょう。

この様に、第三者である夫を盾にすることで、本人の判断で自由にローンが組めないことを明確にすると、サロンの方も勧誘を諦める確率が高くなります。

「帰ってからゆっくり考えます」と、その場ではなんとかかわすことが出来ても、電話で勧誘をしてくるサロンもあります。この場合は、「契約しません」と明確に断りましょう。

それでもなお、しつこく勧誘する場合は、「消費者センター」に相談する旨を伝えると効果があります。いずれにしても、毅然とした態度でハッキリと断ることが肝要です。

また、エステに通い出しても、次々と商品や新たなコースを勧められるケースもあります。もし、契約する意思がないのであれば明確に断っりましょう。自分の意思を明確に表示する自信がない方、あるいは、出来ない方は、そもそも、エステには向いていないとも言えます。

もし、無理やり契約をしてしまった、しつように勧誘されて精神的に追い詰められた場合は、消費者センターに相談してみましょう。また、悪質なトラブルの場合は、専門家(弁護士・行政書士)に相談した方が良い場合もあります。



 

サイトマップ