プエラリアの有効性と安全性

プエラリアの有効性と安全性

プエラリアとは、タイの北部やミャンマーの山岳部などに自生しているマメ科クズ属の植物で、昔から病気やケガの治療薬として、体力回復の薬として活躍してきた植物です。

プエラリアは別名ガウクルアと言います。ガウクルアはヤマイモの一種で、タイやミャンマーにおいてはガウクルアの根をすりつぶしたり、粉にしたりして食しているそうです。

プエラリアには、女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンが多く含まれております。この植物性エストロゲンは大豆にも含まれる成分で、それがイソフラボンです。このため、大豆は乳がんなどのリスクを減らしたり、更年期障害の改善や骨粗鬆症などに有効性があるとされています。

プエラリアに含まれているイソフラボンの量は、大豆に比べると40倍にもなるとされています。さらに、イソフラボンの有効性を高める成分である、ミロエステロールやデオキシミロエステロールが多く含まれているといわれていて、それらが女性の身体に対して有効性を発揮するといわれているのです。

さらに、プエラリアには、プエラリンという成分が多く含まれており、これが美乳効果を持つといわれていることなどから、女性らしさを保つには効果的なものといわれています。プエラリアの根の部分を食べると肌も白くなり、ハリのある肌を保つことができるといわれ、現在では、アンチエインジングの作用があるとされ研究が続けられている植物です。

プエラリアの有効性が高いといわれるのはこのためですが、それほどの有効性を持つプエラリアは、身体への安全性は大丈夫なのか、と心配になるところですね。

エラリアに含まれる植物性エストロゲンは、とても強い作用があるといわれています。そのため、女性ホルモンへの有効性が高すぎて安全性への心配もされています。

プエラリアの商品には、プエラリアの成分がどれくらい配合されているかによって、安全性は変わってきます。

プエラリアの成分が少ししか配合されていない商品は、成分に対する安全性は高いかもしれませんが、有効性に対しては疑問が残ります。

プエラリアサプリメントに限らず、サプリメントは純度の高いものがオススメです。不純物が混じっていると安全性にも問題が出てきます。しかし純度の高いサプリメントはそれだけ製法に時間とお金がかかります。やたらと低価格のプエラリアサプリメントには注意しましょう。

しかし、成分が凝縮されて配合されているものを摂取しすぎると、安全性が損なわれる危険性もあります。

また、成分に対する反応は個人差も大きく、こういった商品は安全性が高いと一概にいえるものではありませんが、要は、摂取しすぎないことです。

過剰にプエラリアを摂取すると、女性ホルモンのバランスを崩し、副作用を起こす危険性もありますので、有効性ばかりに注目せず、必要な摂取量をしつかりと守りながら、安全性を重視して摂取することが大切です。

女性雑誌やテレビなどでも取り上げられ、愛用者も多くリピーターも多いプエラリアサプリメントといえば「「レディーズプエラリア エレスト」」です。

タイ国厚生省が認めるプエラリア製品として正式の輸出許可番号が与えられており、品質の高さが保証されています。

数多くのプエラリアサプリメントの中で、品質の良いプエラリアサプリメントとしておすすめできる一品です。





 

サイトマップ