洗顔を行う際の注意点

洗顔を行う際の注意点

洗顔は正しく行うことが大前提です。どんなに優れた洗顔料を使用しても、自分の肌質に合ったものを選んだとしても洗顔方法が間違っている場合、効果は十分に得られないばかりか肌に余計な負担を与えてしまう可能性があります。

洗顔で注意すべきことの第一は刺激を与えすぎないことです。汚れを落とそうと意識してゴシゴシと強く擦ってしまう人もいます。

たとえ、強く擦ったからといって毛穴の汚れがしっかりと落とせるわけではありませんし、余計な負担をかけて肌にダメージをもたらすだけの結果に終わりまので、表面を優しくなで、洗顔料を毛穴の奥まで届けるような感覚で行いましょう。。

それからしっかりと泡だてることです。固形タイプでも、液体タイプでも、洗顔料を手に取ったらまずよく泡立ててから 顔に当てるようにしましょう。

洗顔の基本は泡にあります。泡が毛穴の奥まで達して汚れを吸着させて掻き出すのです。もし、泡立てが足りないと表面だけを洗うだけに留まってしまう恐れがあります。

この他、すすぎ不足も注意すべき点として挙げられます。しっかりと洗ったはいいものの、すすぎがしっかりとできていないため、洗顔料が肌に残ってしまうことも多く、それが毛穴を詰まらせ、細菌のエサとなってニキビなど肌トラブルの原因になることもあります。

ただ単に、顔の表面をあらうのではなく 洗顔料が滴った顎や喉もしっかりとすすぐようにしましょう。こういったポイントを踏まえたうえで洗顔を行うようにすればより健康的に効果を出すことができるでしょう。



 

サイトマップ