ニキビの薬にはどんなものがあるの?

ニキビの薬にはどんなものがあるの?

一般的に皮膚科で処方されているニキビ治療薬は、外用の局所抗菌剤として、クリンダマイシン、ナジフロキサシンの2種類のほか、過酸化ベンゾイルや抗炎症剤が使われています。
外用の抗菌薬が効かない場合には、毛穴の詰まりを取る効果があるトレチノインなどを使いますが、トレチノインは日光に対しては過敏に反応するため、処方にあたっては慎重に扱われることが必要で す。
処方なしで入手できる薬としては、サリチル酸やレゾルシノール、硫黄を含んだクリーム状の薬(軟膏)で、これらは吹き出ものを乾かす効果がありますが、若干のかさつきが生じる場合もあるため注意が必要です。
内服薬では、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6のほか、色素沈着などを防ぐ為にビタミンCを使用します。
皮膚科でのニキビに対する治療の基本としては、保険適用の範囲内である外用の抗菌剤や抗炎症剤やビタミン剤だけとなります。
なお、赤くなる前の段階(黒ニキビ、白ニキビ)を治療する薬は、海外にはありますが、まだ日本では認可されていません。



 

サイトマップ