洗顔でニキビ対策

洗顔でニキビ対策

ニキビは毛穴に皮脂がたまり、アクネ菌が繁殖してできます。このため、皮脂を取り除き、肌を清潔な状態に保つための毎日の洗顔は、ニキビ予防改善には欠かせません。しかし ただ、洗顔料を使って洗っていても、間違った方法で洗顔しているとニキビを悪化させる原因ともなりますので、正しい洗顔方法を身に着け、これを確実に実践していくことが大切です。
まず、洗顔前に前髪などをまとめ、手をキレイに洗ってから蒸しタオルを当てて肌を温めます。こうすることで、毛穴が開きやすくなり、毛穴に詰 まった皮脂や汚れが浮き上がりやすくなります。
次に、ぬるま湯で数回すすぎます。お湯の温度は33度前後が最適です。洗顔料を手にとってぬるま湯を少しずつ加え、空気を入れながら十分に泡立てます。きめの細かな弾力のある泡のほうが毛穴に入り、汚れが吸着しやすくなります。
額から鼻にかけてのTゾーン、目の周りや頬、口の周りやアゴや首といった順番に丁寧に泡をのせて洗っていきます。この際、指の腹で泡を転がすような感じで、クルクルと小さな円を描きながら指を動かしていくようにします。
すすぎは特に髪の生え際やアゴの下などに泡が残らないように念入りに行い、清潔なタオルで水滴を吸い取るようにポンポンと押さえながら拭きましょう。
洗顔では、ゴシゴシこすると汚れが落ちるどころか肌を傷める原因にもなります。こすらないように気をつけましょう。
洗顔は基本的には、睡眠中に分泌さ れた余分な皮脂を取り除くための朝、メイクと1日の肌の汚れを取り除く夜の1日2回行うのが望ましいと言えます。



 

サイトマップ