思春期ニキビ予防と対策

思春期ニキビ予防と対策

ニキビはできてしまったら治すのにも一苦労です。にきびの原因となっていることを少しずつ取り除いたり、改善したりすることでにきびの出来にくい肌になっていけば、つるつるのにきび知らずの肌を手に入れることも夢ではありません。
ニキビの治療や改善にも「にきび予防」は大変重要なのです。
思春期に出来るにきびは、成長に伴ったホルモンバランスバランスの変化が大きな原因になっています。思春期になると皮脂の分泌量が多くなり、毛穴に皮脂が詰まって雑菌が詰まり、にきびの原因となるアクネ菌を繁殖させて、ニキビが出来やすい肌になります。
また、最近では思春期頃から化粧をする人もふえてきていますので、化粧が毛穴に残っていることも 多く毛穴に皮脂がつまりやすくなり、にきびが出来やすくなるのです。
思春期のにきび予防としては、肌に負担にならない程度のこまめな洗顔を行い皮膚やケアなの余分な皮脂を取ることが重要になります。
また、皮脂を過剰に取りすぎることや皮脂分泌を抑えてしまうと皮脂の分泌サイクルが上手くいかなくなりニキビの原因になることもあります。皮脂の分泌がスムーズにいくように、洗顔料を使った洗顔のし過ぎや化粧をするのは控えめにしておくのがおすすめです。
皮脂の分泌が多くなっている時期ですので、皮脂になりやすい脂肪分・糖分の多い食事のとりすぎには注意しましょう。お腹が減る時間にお菓子やファーストフードの食べ物を食べて食事のリズムが崩れてしまうと、洗顔のにきび予防の効果も低くなってしまいます。



 

サイトマップ