ニキビの種類

ニキビの種類

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れがたまって炎症を起こすためにできますが、段階によって種類があります。
まず、毛穴にたまった皮脂が古い角質と混ざり合ってコメドと呼ばれる角栓ができ、毛穴を塞いだ状態が「透明ニキビ」と言い、ニキビの予備軍となります。
次に、ニキビの初期の段階としては2種類あります。まず、毛穴に皮脂で汚れがたまり、毛穴が詰まって閉じ皮膚の一部が盛り上がっている状態が、「白ニキビ」です。
そして、毛穴が皮脂で詰まって完全には閉じないけど狭くなり、外気で汚れたり、空気で酸化したりして黒くなった状態が「黒ニキビ」です。
「白ニキビ」から毛穴の奥が皮膚の常在菌であるアクネ菌などが皮脂を分解しながら脂肪酸という刺激性物質を発生させ、炎症を起こして毛穴を腫れさせ、赤くなった状態が「赤ニキビ」です。
このアクネ菌は空気が苦手なので、密閉された毛穴内に住みつきやすくなり、更に脂肪を栄養分としているのでどんどん数を増やして、 ニキビを悪化させてしまうため、赤ニキビは、完治してもニキビ跡が残りやすいと言われています。
そして、赤ニキビの状態からアクネ菌やブドウ球菌といった常在菌が増殖して、肌細胞が大きく破壊されて毛穴の炎症が進み、化膿して毛穴に黄色い膿みがたまった状態が「黄ニキビ」です。
この状態はニキビの最終段階なので、完治するまでに時間がかかったり、肌の奥深く真皮と呼ばれる組織を破壊したりするので、凸凹したニキビ跡が残ったり、赤色や黄色の色素が沈殿したりするケースもあります。
ニキビ初期の段階できちんとケア、治療すれば十分にキレイに肌を取り戻すことはできますが、放置すると、たとえ治ったとしても跡が残るなど。また別の肌トラブルを抱え込んでしまうことになるため、早期の対処が非常に大切となります。



 

サイトマップ