ニキビとはなに?

ニキビとはなに?

男の子が思春期に入ると、避けて通ることが出来ないのがこのニキビですね。
それほど多く出来ない人は、その内なくなってしまうため、これも青春の通過儀礼として受け入れることが出来ますが、多く出る人は、ニキビ痕などでかさぶたのようになり、後々まで、悩むことになります。
ニキビとは、色々な原因により引き起こされる炎症を伴った発疹です。これを医学的には「尋常性ざ瘡」と言い、一般的には、特に思春期以降のニキビを「ふきでもの」とも言います。これらは主に皮脂腺の多い顔、頭、胸、背中に多く見られ、青春ニキビから大人のニキビ・ニキビ跡の改善法まであります。
ニキビは体質に大きく関わり、皮脂腺の活動が活発な人に症状が出やすい傾向があるようです。
また、肌のタイプは体質によって左右され、ニキビとの付き合い方もその人のお肌のタイプによって対処法が変わってきますので、自分がどのタイプの肌なのを知っておく必要があります。
■普通肌は、皮脂も水分もバランスよく含まれている肌。ニキビはでき難いです。
■敏感肌は、外的な刺激に敏感なので、炎症を起こしやすくニキビが出来やすいです。
■乾燥肌は、皮脂の分泌の少ない肌で、ニキビは出来にくいです。
■オイリー肌は、皮脂の分泌の多い肌。皮脂過剰で最もニキビの出来やすい肌です。
■脂漏性肌は、鼻を中心に局部的に皮脂の多い肌。乾燥肌のように皮膚がポロポロ取れるので乾燥肌と勘違いしやすい。 ニキビの出来やすい肌です。
ニキビの出来やすい時期もあり、季節の変わり目である初夏や初秋に出来やすくなります。
多くの場合、思春期以降になると自然と収まりますが、近年では思春期以降もニキビができる大人ニキビの悩みや、ニキビが原因でコンプレックスを感じている人も多くいるようです。



 

サイトマップ